富谷塾発部活 TOMIYA CRAM SCHOOL

富谷塾 部活Club activities

#Project_トミプラ動画部 / ユーチュー部

トミプラ動画部 部長

川島英雄

ユーチュー部部長

伊東孝祐

動画を通じて、地域に貢献

MEMBER

川島英雄(トミプラ動画部 部長)、伊東孝祐(ユーチュー部 部長)、平野尚江、瀬戸沙友里、渡辺彩香、松田満、木村一也

活動のきっかけとなる思い

・情報発信に奥手な東北地方で、必要な人に必要な情報を届けるお手伝いがしたい
・個人の仕事の幅を広げたい

動画に関する2つの部活

富谷塾には動画に関する部活が2つあります。はじめにトミプラ動画部ができ、その後ユーチュー部ができました。トミプラ動画部部長の川島さんは、ご自身の会社でパンフレットのデザインなど、印刷系の仕事を受注しています。ユーチュー部部長の伊東さんは、会社を辞めたばかりで、これからフリーランスでWEB製作や動画製作などの仕事を請け負っていけたらと思っています。おふたりに共通するのは、ご自身の事業において、動画製作・配信の実績を積み上げることで、仕事の幅を広げたいということです。トミプラ動画部は、撮影機材にもこだわり、有料の動画編集ソフトを使ってしっかり作り込むスタイル。ユーチュー部は、スマホなどで気軽に撮影し、無料ソフトなどで簡単に編集して、頻繁に配信するスタイルです。

より本格的なトミプラ動画部

トミプラ動画部は、印刷業界で仕事をしていた川島さんが、WEBでの情報発信が主流になってきて、「このままでは印刷業界の仕事は先細りするだけ。なんとか他の可能性を探らないと」と動画製作をはじめてみたことがきっかけで立ち上がりました。はじめは、ユーチューバーごっこを子どもとしてみたりして、楽しんでやっていましたが、デザイナーとしてのこだわりが強い川島さんは、ひとり黙々と動画製作を進めることが多くなってきました。現在トミプラ動画部は、高品質な動画を製作する部活として、十宮夜市などの富谷塾生から動画製作のオファーを受けています。
「採用に困っている企業さんの情報発信のお手伝いができれば」と川島さんは語ります。会社の魅力や実際の仕事を伝えるには、写真や文章より動画が有効です。短い時間で多くの情報を伝えることができる動画の可能性を非常に感じているそうです。関東からIターンした川島さん、地方の企業さんが東京と比べて活力がないことに危機感を感じたそうです。「もっと若い人が地方に根付くように、採用のお手伝いをする必要性を強く感じた」と言います。採用時のミスマッチをなくすためにも、一役買いたいそうです。

楽しく交流するユーチュー部

ユーチュー部は、フリーランスになったばかりの伊東さんが、動画配信をやってみたいという人たちと一緒に立ち上げました。伊東さん自身はWEBマーケティングの勉強を兼ねて、自分自身の広報のために動画配信をやってみたかったそうです。また、書道家として活動する、部員の平野さんも、自分の活動の情報発信として動画配信を勉強中でした。そこに、トミプラ動画部の川島さんも加わり、ミーティングの際には撮影機材のことや、編集ソフトのことなど、情報交換が活発に行われています。伊東さんは「動画を撮影して編集することは、手間がかかりたいへんだけど楽しい」と言います。まずは、部員のみんなが動画配信に慣れることを目標としています。そして、自分なりの動画スタイルを見つけ、気軽に配信できるようになったら、情報発信がより活発になります。東北地方は、もともと情報発信が活発とは言えない地域です。良いモノやコトがあっても魅力がきちんと伝わってないことが多いです。「動画を通して、この地域を盛り上げることができたら。いつかは富谷市と連携して、動画を使ったまちのPRに挑戦してみたいです」と抱負を語ってくれました。

コンシェルジュより

誰でも簡単に動画配信ができるようになりましたが、情報の発信と流通の両方をしっかり考えられているケースはまだまだ少ないです。情報の流通のことも同時に勉強していってもらえたらと思います。